• ホーム
  • 前立腺肥大でバイアグラの効果を維持させる正しい服用

前立腺肥大でバイアグラの効果を維持させる正しい服用

男性には前立腺というものが存在します。
この部分に疾患が出ることは割と珍しくなく、加齢とともに発症しやすいのが前立腺肥大症という病気です。
夜間頻尿を患ったり、残尿感が残る、尿の勢いが悪くなるといった症状があります。
症状が軽ければ薬が用いられ、重ければ手術を受けるようにします。
ポピュラーな病気である前立腺肥大症ですが、この病気は勃起不全の症状を引き起こす原因になっていることでも知られています。
特に気をつけたいのが、手術を受けるパターンです。
前立腺肥大の問題を解決するには有効な治療法ですが、メスを入れた時に、勃起を促す神経を損傷してしまうと、勃起不全を引き起こすリスクが高まってしまいます。
前立腺肥大症を原因とする勃起不全には、バイアグラが有効に働きます。
男性器の海綿体に血液を集める効果を持っており、勃起機能を改善する効果が得られます。
高齢の男性でも服用できるほど、安全性の高い治療薬です。
水と一緒に服用するだけで、効果が得られます。
効果を維持できる時間は、おおよそ4~5時間です。
性行為の1時間前に服用しますが、空腹時であれば、30分程度でも効果が得られます。
効果が維持される時間を正常に保つためにも、正しい服用方法を厳守するようにしましょう。
バイアグラは内服タイプの治療薬ですが、この時に水ではなく、お茶やコーヒー、ジュースで飲んでも構いません。
しかし、牛乳は脂肪分を含むため、成分の吸収が妨げられる心配があります。
効き目が弱まってしまう危険がありますので、牛乳を用いた服用は控えてください。
食事中や食後すぐに服用すると、効果が弱まってしまいます。
特に、脂肪分が多い食事を取るのはやめましょう。

関連記事